男の離婚準備

【男性の離婚準備】親権獲得に有利なのは父か母か

離婚準備に至っての子どもの親権獲得は、男性である父親にとっても、
女性である母親にとっても、可愛い我が子を手元に常に置いておけるのか、
その成長を近くで見守っていけるのかなど、非常に切実で複雑な問題を含んでいるといえます。

 

また、子どもの年令によっては養育費の問題も深く絡んできますから、
父親側から見ても、母親側から見ても、簡単には譲れない問題であることが多いのです。

 

離婚準備に入った段階で、子どもがまだ月齢の行かない赤ちゃんだった場合には、
その複雑な争いに巻き込まれたとしても、巻き込まれていることすら理解できませんが、
ある程度成長した子どもであれば、まずその子の心のケアを中心に考えなければなりません。

 

ですから、父母の内で有利だとか、不利だとかいうことではなく、
本当は実の両親が健全な状態で揃って生活を続けていくことが望ましいけれど、
それが難しいような事情では子どもの未来に続く生活の最善策を一番に考えることが重要なのです。

 

一般的なことであれば、離婚準備に入った段階での子どもの年齢が低い場合は、
母親である女性の側が子どもを引き取ることが多く、子どもの年齢が高い場合は子ども自身に選ばせる場合もあります。

 

また、子どもの年齢が低い場合であっても、母親である女性に引き取られるよりも、
父親である男性が親権者となったほうが子どものためだと判断された場合には、
その判断に従うことになりますので、一概には判断できません。